国家資格取得の税理士、その年収とは

安定?勤務税理士の年収の実態

平均年収はおよそ700万円と言われており、特に少ないといわれているのがこの勤務税理士です。
しかし、年収が低いもののばらつきが少なくて安定していることが特徴といえます。
一般的な会計事務所に数年勤めている人ならば500万円ほど、管理職で800万円、中堅事務所の職員なら500~800万円ほどになるそうです。
中堅事務所の幹部や大手の会計事務所の管理職ともなると1000万円以上になるそうですが。

このように、いくら変動が少なめな勤務税理士といえども管理職などにつけば1000万円近くなると考えると少し頑張ってみようという気持ちにもなりますね。
しかし、開業税理士の平均年収はまた違った特徴があります。
次は、開業税理士の平均年収についても見ていきましょう。

やや博打か?開業税理士の年収の実態

開業税理士の平均年収は勤務税理士とまた大きく変わり、一般的に3000万円といわれています。
勤務税理士の平均年収を聞いた後だと余計に高収入に見えますね。
しかし、開業税理士はあくまでも個人経営です。会計事務所によって収入の格差はとても大きくなります。
例えば、数十人の従業員を抱えるような大規模な会計事務所の経営者であれば年収1億を超えるようなところもあるそうですし、小さな経営者であれば年収300万円を下回るようなこともあるそうです。
まさに博打。これだけの差があっての平均3000万円です。
少し悩んでしまいますね。

しかし、努力次第ではここまで伸びているところがあるというのも事実です。
やりがいをとても強く感じるのは、やはり開業税理士ではないでしょうか。


この記事をシェアする